今年の7月に募集をかけたラビーちゃん。

やや凛々しい面立ちと10歳と言う年齢のためか

問い合わせがなく、タイムリミットだけが迫って来る毎日。

一ヶ月前、白浜のSさんが手を挙げて下さりお試しに

入っていました。

元々は野良ちゃん、完全室内飼い、環境の変化で

断末魔のような声で夜中に鳴いたそうです。

Sさん耳栓をして眠る日々、、、。

普通ならここでギブアップしても不思議ではない。

白浜のお母さんとも言われるSさん、この子の命を

預かっているんだから、、、とひたすら話しかけ、なだめ

そして時には叱り落ち着く薬も使いながら過ごす事一ヶ月。

「うちの子にします」とお電話いただきました、、、。

「白良浜の良を入れました、良美(らび)です。」

物凄く甘えん坊さんになって表情も優しくなって、、、。

20年以上前からワンニャン会経由で五匹のニャンコさんを迎

家族に迎えてくれたSさん。

感謝しかありません。

先住猫さんとも穏やかに過ごしているそうです。

「単に可愛い癒されたいだけで命を預かって欲しくない」

「あくまで私の見解ですが、、」とのSさんの言葉は

ズシリと胸に響きました。

飼い主を待っている子たちがSさんのような人に

巡り会えますように‼️