この子にお姉さんが出来ました(人間の、です)

保護主宅ではちょっとトイレも失敗したりしたらしいのですが

新しいお家ではケージの中でトイレも出来たとか、、。

まだお薬が必要な子ですが、どうぞ宜しくお願いします。

外で生きていた子は、その時間が長ければ長いほど色々なリスクが

増えてきます。ノミダニはすぐに駆虫出来ますがお腹の寄生虫や

耳ダニ、何故か保護されてかなり経ってからジワリと出てくる事も

あります。そんな子でも助けたいと思ってくれる人もいるんです。

この子は地域猫として手術を受け桜耳カットをしています。

人懐こく犬にも大丈夫だと分かったら寄って行く子でした。

元から目が白濁していたのですが、余りに状態が悪くなってきたので

保護してしまったSさん。

この子は10月末にSさん宅の敷地に放り込まれた男の子。

頭がベッコリと凹み血だらけ。獣医さんでは半身付随になるかも、、と

言われたのですが奇跡的に復活。でも目は見えていないようです、、。

人も大好きで夜は顔にくっついて眠るそうです。

Sさん、猫を飼い出してから外の猫も気になって地域猫の

手術に取り組んでくれました。

そしてこの二匹もほっておけなくて保護したのですが

既に犬4匹、猫4匹を飼っていたSさん。猫が6匹になる、、、。

里親さんを探そうとワンニャン会に写真を送ってくれました。

目が見えない子猫と片目が白い茶トラさん、、。

相当条件が厳しい、、。一度実物に会って人懐こさや可愛らしさを

自分の目で見てからブログにアップしようと、、と

思っていたら、約束の前日お電話がありました。

「色々家族で考えたけど、この子達、これからどんな症状が出るかも

分からないしうちで飼います。この子達で打ち止めにします」

この黒猫ちゃんと茶トラちゃん、お家の中に入れてもらって

温かなお部屋の中、優しい手がご飯をくれる、、。

そんな毎日が当たり前で、、、。それが変わらず続く事が

奇跡のような出来事だと気づかないと思うけど、、。

君達って本当にラッキーで幸せなニャンコさんなんだよ、、。

この寒さのなか、深々と冷える外で眠る子たちが

一匹でも多く、この子達のような飼い猫になれますように、、。